ENGLISH  
KOSHIN 世界160カ所で愛用されているトップブランド
 ホームへ
 製品情報
  農業分野
  土木分野
  工業分野
  船舶分野
  家庭分野
  製品カタログ
 
 パーツリスト 部品をお探しの方はこちら
 
 販売店のご紹介
 除雪機・発電機
 サービス特約店一覧
 お客様サポート
  お問合せ相談窓口
  製品別Q&A
  メールでのお問合せ
 
 トピックス
 会社概要
 採用情報


採用情報
HOME > 採用情報 > 技術系採用情報 > 商品デザイン
採用情報 募集要項 社員紹介 技術系採用情報
技術系採用情報トップへ 開発 研究所 商品デザイン
商品デザイン
直接ユーザーに訴えかける「工進の商品カラーと商品デザイン」

工進の開発部門は、情報誌づくりやフリーダイヤルの対応といった《営業活動》も展開しているが、何よりもユーザーの二−ズに応える商品開発という本業自体に、営業マインドを持って取り組むことを重視。このため、機能や便い勝手だけでなく、カラーやデザインにも徹底的にこだわり、「店頭に並べて魅力ある商品」の開発を追求している。

商品デザインは、25年前から一貫して、日本を代表する工業デザイナーの一人、福田哲夫氏に依頼。平成10年より、商品カラーの見直しにも力を入れ、デザイナーとは別に色のスペシャリストもアドバイザーに加えて、統一された工進のイメージカラーを打ち出してきた。

優れたデザイン性は、店頭における他社製品との差別化に威力を発揮。まずデザインで選んだユーザーは、便い勝手や機能に満足すれば、次もまちがいなく同じデザインイメージの商品、すなわち工進の商品を手に取ることになる。つまり、商品カラーやデザインは、工進とユーザーの間のコミユニケーションの大切な第一歩と言えるだろう。

工業デザイナー・福田哲夫氏


福田哲夫氏といえば、鉄道デザインの国際賞「ブルネル賞」を3回、その他にも日本デザイン大賞など多数の受賞歴を誇る、この道の大家。最近では、1999年3月にデビユーしたJR東海「700系のぞみ」で大きな話題を呼んだ。7年前「300系のぞみ」を デザインしたときから提唱し、なかなか受け入れてもらえなかった“カモノハシ”そっくりのユニークな先頭形状をようやく実現。その主張通り、長年の課題であった最後尾 車両の揺れをピタリと止めて見せたのだ。福田氏のデザインポリシーは「時代の指向を十分考慮したうえで、常に便う側に立ち、使用者にとって使い良いものに仕上げること」。どんなシーンで、どんな人に、どのように使われているかを考えていない使用者不在のデザインはデザインとは言えないと考えている。この考えに共嶋した工進は、氏が日産自動車設計部から独立してまもない25年前から、商品デザインを一任。現在では、すべての商品デザインを依頼している。25年の長きにわたって福田氏と工進を結びつけてきたユーザー指向。その絆は、今後ますます強化されていく方向にある。

このページのトップへ


サイトマッププライバシーポリシー
Copyright (C) 2005 KOSHIN LTD. All Rights Reserved.